Windows CE, Windows Mobile対応IBM 5250 エミュレータ

Windows CE, Windows Mobile端末からIBM基幹サーバへアクセス

  • 拠点内、外出先でもWindows CE, Mobile 端末から簡単にアクセス
  • IBM telnet5250プロトコル準拠
  • 高速通信、高速描画で快適な動作環境を実現
  • フィンガータッチスクロール機能、ズーム機能で自在な画面操作が可能
  • キーアサインユーティリティで自由にシステム固有キー、ファンクションキーなどを配置
  • 画面ポップアップファンクションキー、画面テンキー表示可能
  • 画面ポップアップUPFキーにコマンド、キーの登録が可能

セールス強化ツール

smart5250_02

外出先で、商品の在庫や納期、お客様情報等のデータ参照・入力が、リアルタイムで可能となります。ノートパソコンのようにカバンから取り出したり、起動時間を待つことが無いため、移動中の電車のホームやお客様の前でもスマートにデータアクセスができ、メールやスケジュール管理とあわせセールス強化ツールとしてすぐに効果を発揮することができます。

配送先での商品管理・受発注

smart5250_03

配送業務で外出先でのオンライン処理が可能となります。受注・納品処理、在庫・納期参照でIBM System i の統合アプリケーションを利用しながら、無線接続(*1)されたバーコードスキャナ、モバイルプリンタで配送商品の確認や 受注・納品伝票の発行が可能となり、より効率的で統制されたオペレーションが可能となります。

フィールドサービス

smart5250_04

保守・メンテナンス等のフィールドサービスでは、外出先でのスケジュール変更や作業報告等リアルタイムでの処理が不可欠です。Smart5250を利用したオンラインでの統合システムにより、よりきめ細かいサービスの提供と、作業の効率化が可能となります。またコンパクトに持ち運べるため多くの機材を持ち運ぶ場合も邪魔になりません。

店舗の売上・在庫管理

smart5250_05

店舗の売上・在庫管理システムを、ネットワークの敷設やパソコンの設置無しで構築できるため、スペースの確保が難しい場所や、テナント、車での移動販売などあらゆる場所で簡易POSシステムの構築が可能となります。磁気カード付プリンタを無線接続(*1)することにより、ポイントカードや、クレジットカードの利用(*2)も可能となります。

*1 Bluetoothデバイスの接続には、接続機種およびご利用方法に応じて 別途アプリケーションの開発が必要となります。

*2 クレジットカード決済には、別途お客様システムのCAFIS対応が必要となります。

  • IBM telnet5250プロトコル準拠。
  • 高速通信、高速描画で快適な動作環境を実現。
  • フィンガータッチスクロール機能、ズーム機能で自在な画面操作が可能。
  • キーアサインユーティリティで自由にシステム固有キー、ファンクションキーなどを配置。
  • 画面ポップアップファンクションキー、画面テンキー表示可能。
  • 画面ポップアップUPFキーにコマンド、キーの登録が可能。
smart5250_06

*1 Bluetoothデバイスの接続には、接続機種およびご利用方法に応じて 別途アプリケーションの開発が必要となります。

        

    全般

  1. System i 側で特別に稼動させるサービスはありますか
  2. System i からSmart5250はどのように認識されますか
  3. 固有の端末名を設定できますか
  4. QPADEV****というシステム自動割り当てのJOB名は使用できますか
  5. System i の業務プログラム(RPG)の修正は必要ですか
  6. 携帯電話網(含むPHS網)を使用した場合、画面切替が遅くないか心配です
  7.     

    通信について

  8. データ送受信中に回線切断が起こったらどうなりますか
  9. データ送受信中に電話がかかってきたらどうなりますか
  10.     

    セキュリティについて

  11. 携帯電話を紛失した時、通信を遮断できますか
  12. Smart5250と同時に使用できるVPNクライアントを教えてください
  13. 操作について

  14. 画面表示は拡大・縮小できますか
  15. System i 固有の機能キー(ファンクションキー、ロールキー等)を使いたい
  16. 画面のタッチ機能をOFFにしたい
  17. PCOMMで画面上に表示されるグラフィックボタンは使用できますか

Q1 : System i 側で特別に稼動させるサービスはありますか

ありません。
ただし、接続経路を増やした場合(新規にVPNシステムを導入した場合など)には経路設定は必要になります。

Q2 : System i からSmart5250はどのように認識されますか

標準のディスプレイデバイス(5555)として認識されます。

Q3 : 固有の端末名を設定できますか

はい、できます。Smart5250上では「デバイス名」というパラメータになります。
デバイス名はPCOMのワークステーションIDと同じ考えかたです。

Q4 : QPADEV****というシステム自動割り当てのJOB名は使用できますか

はい、できます。「デバイス名」を空欄にして接続してください。
デバイス名はPCOMのワークステーションIDと同じ考えかたです。

Q5 : System i の業務プログラム(RPG)の修正は必要ですか

必要ありません。Smart5250はグリーンスクリーンをそのまま表示します。
新たにSmart5250用業務を作成する場合も、通常のSystem iプログラミングと同じ手順で可能です。
ただし「RSTDSP(*YES)」でコンパイルしたページは表示出来ない場合があります。

Q6 : 携帯電話網(含むPHS網)を使用した場合、画面切替が遅くないか心配です

Smart5250は独自の描画アルゴリズムと、送受信パケットの省容量によってパソコン並みの体感速度を実現しています。

Q7 : データ送受信中に回線切断が起こったらどうなりますか

セッションを保留状態(入力不可)とし、再接続時にセッションを継続することが可能です。

Q8 : データ送受信中に電話がかかってきたらどうなりますか

Smart5250と通話を同時に行なうことはできませんが、通話終了後、通話前のJOBをそのまま継続して操作が可能です。

Q9 : 携帯電話を紛失した時、通信を遮断できますか

はい、各通信キャリア様にご連絡いただくことによってスマートフォン自体を遠隔ロックできます。
また、System iへはデバイスの削除、VPNではユーザーの削除などでシステム内部に侵入することができないようにできます。

Q10 : Smart5250と同時に使用できるVPNクライアントを教えてください

弊社が販売しております「anthaVPN」をお勧めしております。
また、スマートフォンで社内に接続する既存システムをお持ちであれば、そのシステムを使用し接続することも可能です。

Q11 : 画面表示は拡大縮小できますか

表示されているフォントの大きさを変更することで拡大縮小を実現しています。
フォントサイズアップ/ダウンは自由にボタンに割り当てることができます。

Q12 : System i 固有の機能キー(ファンクションキー、ロールキー等)を使いたい

直接ボタンに機能を割り当てる方法(キーアサイン)と、画面にSmart5250専用の機能ボタンを表示される方法があります。
いずれもユーザーズガイド、簡易ユーザーズガイドをご確認ください。

Q13 : 画面のタッチ機能をOFFにしたい

申し訳ございませんがSmart5250にはタッチスクリーンをOFFする機能はありません。

Q14 : PCOMMで画面上に表示されるグラフィックボタンは使用できますか

申し訳ございませんがSmart5250でPCOMMのグラフィックボタンは使用できません。

  • 決済デバイス
  • プリンタ
  • ハンディターミナル
  • ソフトウェア
  • iOS /Android / Windows
  • 決済をする (クレジット/ICカード/電子マネー)
  • バーコードを使う
  • プリントをする
  • IBM5250接続をする
  • スマホ / タブレットで使う
  • 冷凍・タフ環境対応