マルチ言語対応 Windows用エミュレーター Wavelink TE for Windows

全ての端末で使用可能

パソコン、ハンディターミナル、タブレット、Windows CE, Windows Mobile, Winows 10など、端末、OS関係なく全て対応、使用可能

世界基準

マルチ言語表示

日本語はもちろん、英語、中国語(繁、簡)、韓国語など、海外でもご利用頂けるマルチ言語対応

wavelink-te_03

画面エディット機能

  • サーバーアプリケーション変更なしで、ディスプレイサイズが異なる端末でも同じ表示可能

    また、端末上に表示する内容エディット自由

  • フォントサイズ変更可能

wavelink-te_04

端末問わず全てのファンクションキーが使える

  • 全てのハードキーアサイン、変更可能
  • ハードキーが足りない場合、ソフトウェアキーでサポート
    自由にエディットができる

wavelink-te_05

wavelink-te_06

インダストリアルブラウザ

  • Webベースアプリケーション対応
  • キーボード、バーコードスキャナーから入力可能
  • SAP WEB コンソールサポート
  • マルチセッションサポート
  • 圏外とローミングサポート

wavelink-te_07

Connect Proでセッション保持

通信が不安定な場合でもホストサーバーに代理応答しセッションの保持を実現。
通信圏外、ネットワーク・ディレイなど、通信が安定しない環境での運用を支援。

外出先でIBM iからのモバイル印刷を実現

Wavelink TE for WindowsとZebraモバイルプリンタの利用により、外出先から公衆回線を使ったIBM iからのモバイル印刷を実現可能。


【モバイルプリンタ Zebra QLnシリーズ】
◆4インチ幅対応:Zebra QLn420
◆3インチ幅対応:Zebra QLn420
◆2インチ幅対応:Zebra QLn420

wavelink-te_07

動作対応する機種を必ずご確認ください。

稼働機種確認ページ(Wavelink社Webサイト)
http://www.wavelink.com/download/Main.aspx

「Select a Manufacturer」=デバイス製造会社

(1)該当の型式のハードウェアを確認
(2)”Emulators”を選択
(3)ハードウェアのOSを選択
(4)”ActiveSync-International”を選択(英語のみでのご利用の場合は”ActiveSync”を選択)

※記載のない型式のハードウェアについては、汎用版でお試し頂くことができますが、メーカーでの動作確認が取れておりませんのでご注意ください。

汎用版入手方法
(1)「Select a Manufacturer」で「Univesal Clients」を選択
(2)「Universal Enablers and Clients」を選択
(3)”Emulators”を選択
(4)ハードウェアのOSを選択
(5)”ActiveSync-International”を選択(英語のみでのご利用の場合は”ActiveSync”を選択)

  • 決済デバイス
  • プリンタ
  • ハンディターミナル
  • ソフトウェア
  • iOS /Android / Windows
  • 決済をする (クレジット/ICカード/電子マネー)
  • バーコードを使う
  • プリントをする
  • IBM5250接続をする
  • スマホ / タブレットで使う
  • 冷凍・タフ環境対応