【ProGlove News】新型ハンドストラップ -ウェアラブル・スキャニングの真のゲームチェンジャー-

ProGlove News

ProGloveニュース

April 1, 2022/by axel


ProGlove new strap

ProGloveの新型ハンドストラップは、ワークウェアに共通する問題を解決します。

ProGloveの新型ハンドストラップは、手先の器用さを向上させるだけでなく、人間工学に基づいた最適な機能を備えています。
そして何より、サイズフリーのユニバーサルデザインとすることで、様々なニーズに常に対応し続けることができます。

つまるところ、いつも計算の問題なのです。
残念ながら、業務用グローブの標準サイズでは、この計算を払拭することはできません。
日々の業務に変動がある場合は、なおさらです。
たとえば、あるシフトでは300人の従業員が働いていても、次のシフトでは270人しか働いていない組織もあります。
このような場合、現場責任者は、『S、M、Lサイズのグローブをシフトごとに何個用意すればいいのか?』ということに常に頭を悩ませています。
しかし、背の高い従業員が必ずしも大きなグローブをつけたいとは限らないという事実が、この問題をさらに複雑にしてしまいます。
たとえば、指が細かったり、手のひらが華奢だったりする場合もあります。つまり、計画を立てるのは簡単なことではないのです。
ProGlove Handstrap

しかし、ProGloveは、新しいハンドストラップによって、この問題を解決することができます。

ユニバーサルサイズだから、どんな人にもぴったりフィットする。
まさにワンサイズ。
伸縮性のあるストラップで、簡単に調節できます。
さらに、ハンドストラップは数種類の固定方法があり、しっかりとフィットします。
現場作業のような環境では、これは非常に重要なことです。

新型ハンドストラップには、ProGloveの信念を忠実に盛り込んでいます。

この新型ハンドストラップには、ProGloveの信念を忠実に盛り込んでいます。
それは、ウェアラブル・スキャナーは手の甲に装着するものであるべきだという私たちの信念から始まります。
これによって、手先の器用さを維持したまま、不要な干渉を防ぐことができます。
これは、多くの活動において重要であるだけでなく、装着時に必要な快適さを保証するものでもあります。

さらに、新型ハンドストラップはもうひとつの大きなメリットをもたらします。
それは、手のひらを自由に使えることです。
これは、気温の変化ですぐに汗をかいてしまうような場所では、非常に重要な役割を果たします。
また、これまでのインデックストリガーと同様にこの新型ハンドストラップも、作業用手袋の上から簡単に装着することができます。

どんな手袋でも、ProGlove装着が実現できるのです。

追加のパッド、トリガー、ケーブルは必要ありません

さらに、ProGloveでは、製品のサービスやメンテナンスに必要な時間と労力を最小限に抑えることを信条としています。
そのため、新型ハンドストラップには、追加のパッドやケーブル、その他のアドオンが必要ないのです。
結局のところ、これらは常にエラーや摩耗の原因となるものなのです。
しかし、なによりも大切なのは、ユーザーの自由度を制限しないことです。そのため、新型ハンドストラップはどのProGloveスキャナーにもシームレスに対応するようになっています。

ProGloveのスローガン:カチッと装着、スキャン、完了。

最後に、パンデミックに悩まされる現代において、ProGloveのウェアラブル製品は洗浄・消毒できることを強調することは重要だと考えています。これについては、近日中にガイドを発行する予定です。
どのProGloveウェアラブル製品が適しているかは、もちろん、お客様の環境によって異なります。
この件に関するガイダンスは、当社のウェブサイト上でご覧いただけます。もちろん、私たちが直接お手伝いさせていただくことも可能です。お気軽にお問い合わせください。