【ProGlove News】歴史の転換点 -ProGlove CEOがダボス会議を前に見識を語る-

ProGlove News

ProGloveニュース

May 18, 2022/by axel


ProGlove社CEOのAndreas Königが、ダボスで行われる世界経済フォーラムへの参加に際し、ProGlove社設立の経緯、会社のビジョン、最近完了したNordic Capitalによる買収について、いくつかの見識を語りました。

2018年末にProGloveのCEOを引き受けたのは、個人的に信じられないほど魅了されるものを見たという、ひとつの大きな理由からでした。
ProGloveには、現場作業者の世界に変革をもたらし、より良い方向に変える可能性を秘めたユニークなストーリーがありました。


率直に言います。お金を稼ぐことは素晴らしいことです。
でも、私は他のことにも目を向けられる立場にいるんです。私は、その仕事が永続するもの、つまり価値を創造し、次世代に残すものにつながるとき、心を奪われるのです。


そのためには、プロフェッショナルとして、ビジョンを共有するチームが必要です。
ProGloveでは、「Human Digital Twin(ヒューマン・デジタルツイン)」という1つのビジョンを掲げています。私たちは、産業界には人間が不可欠であると信じています。私たちは、人がテクノロジーから恩恵を受けるべきであり、その逆はあり得ないと信じています。

私たちを結びつけているものにこそ焦点を当てる必要があるのです。

私は、日曜日の教会での説教にとても興味があります。なぜなら、それらは取るに足らないものになりがちで、それこそ私が望んでいないものだからです。
この3年間は、私たち全員にとって、アップダウンの連続でした。だからこそ、私たちを結びつけているものにもっと目を向ける必要があるのです。
私たちは皆、人間であり、何よりも大切なのは、共に平和に生きていくことです。
ダボスで開催される世界経済フォーラムに向かう際、私はこの意識を持ち続けるようにします。


今、私たちは多くの点でグローバルなデカップリング(切り離し)を経験しています。
多くの国や企業、個人がグローバリゼーションに疑問を持ち、その結果、自分たち自身のことをより重視するようになっています。それは理解できますが、私はそのような保護貿易主義は実行が可能な有効な解決策とはならないと考えています。


現在の世界情勢は、間違いなく私たち全員に再適応をすることを要求しています。
その中で、自分たちが直接的に影響をもたらせるものは何かを考える必要があるのは確かです。ProGloveで言えば、製造業、小売業、物流業などの業界に影響をもたらせることができるでしょう。
しかし、もっと大きな視点も見失ってはいけないと考えています。
私たちは今も、そして、これからも、一つの世界の中で生きていくでしょう。このことを念頭に置き、グローバリゼーションを維持するためには、私たちは再考し、場合により再構築をしていく必要があるのかもしれません。
私たちProGloveにとっては、このことは現場作業者を強化することに帰着します。
これが、私たちがヒューマン・デジタルツインのビジョンを信じている理由です。

私たちは、素晴らしいアイデアから始まりました。

ここで、ProGloveの始まりの頃に話を戻しましょう。
当時、私たちはハードウェアのみの会社で、素晴らしい製品を持っていました。ウェアラブル・バーコードスキャナで、人間の作業者とIoTをつなぐという素晴らしい製品です。
しかし、データを分析することで、作業者の能力を高め、保護し、効率と品質を向上させるという重要なピースが欠けていたのです。
これらのピースすべてが、私たちのビジョンである「Human Digital Twin(ヒューマン・デジタルツイン)」に集約されています。


これを実現するためには、新たな資金を会社に投入する必要がありました。
そこで、2019年に投資ラウンドを完了しました。基礎を築くためのリソースが必要だったのです。
それ以来、多くのハードウェア製品を発売しましたが、ソフトウェア・ポートフォリオの開発と拡張も開始しました。
この立ち上げ期間は私たちにとって重要であり、Summit Partners、DC Technology、Bayern Kapitalが真の支援者としてこの道のりを共に進んでくれたことを嬉しく思っています。彼らの協力のおかげで、私たちは今、次の段階に到達しています。
そして、真のテクノロジーとイノベーションのリーダーになれたと言ってよいと思います。


しかし、私たちはこの地位に甘んずることなく、次のステップに進みたいと考えています。
新たな投資家であるNordic Capitalとともに、今、次のステップを踏み出しています。
私たちのビジョンを実現するために、私たちは協力し合いながら、その歩みを広げていきます。
私たちは、提供する製品をさらに発展させ、グローバルな展開を進め、「Human Digital Twin(ヒューマン・デジタルツイン)」という約束を実現したいと考えています。
当社のソフトウェア製品の拡張は、この大望を実現する上で中心的な役割を果たします。

私たち次第なのです。

これで、ダボス会議に向けて、しっかりとした足場を固めることができました。
これは私にとって重要なことで、世界経済フォーラムのテクノロジー・パイオニアとしての我々の仕事に、より一層精力的に集中できるようになったからです。
私たちは2020年からWEFに参加し、「Augmented Workforce Initiative」で重要な役割を担ってきました。
今は、政財界からの参加者とともに、この構想を進めていけることが楽しみです。


ダボス会議のモットーは “A turning point in history”(歴史のターニングポイント)です。
これは、まさにその通りだと思います。
世界はこれからも変化し続けるが、ある種の出来事は他の出来事よりも大きな影響を与える。
これまで緊急性が低いとされてきた課題に対しても、迅速な解決策が求められることもある。
最終的に、どのように優先順位をつけるかは、私たち次第なのです。
私たちProGloveは、これからも作業する人間をすべての設計・開発の中心に据えていきます。
人と機械のコラボレーションを実現し、私たち全員が利益を得られるようにしたい。
それが私たちのモチベーションであり、ProGloveの代表として誇りをもってお伝えしたい点でもあります。