ボイス・ソリューション Wavelink Speakeasy

  • 特長
  • システム構成
  • Speakeasy動画
  • 関連製品

会話するIBM i

次のアクションが聞こえてきます。

Wavelink Speakeasy ボイス・ソリューションは、サーバーアプリケーションのパソコン操作や、モバイル端末操作で次のアクションを、音声で聞くことができ、声で答えることができるソリューションです。

音声を追加すると、99%の精度向上を実現することが証明されています。

物流・倉庫作業では、作業者をモバイル端末操作から開放し、音声でのハンズフリー&アイズフリー作業に変わることで、25%の作業効率向上、99.9%の作業精度、作業安全性の向上が実証されています。
 

Wavelink Speakeasyと従来の音声ソリューションの違い

【従来の音声ソリューション】 音声ソフトウェア、音声機器、無線LAN、サーバーやストレージなどを新規導入し最悪は現在のアプリケーションをスクラッチから書き直しが必要でした。 多くは現行システムとは別のシステムとして位置づけられ、ユーザー教育等運用上の課題や、データベース連携等の技術的な課題をクリアする必要がありました。
【Wavelink Speakeasy】 Wavelink Speakeasyは、パソコンやモバイルデバイス上にアドオンで、音声ソフトウェアを導入するだけで実現できる音声ソリューションです。 TELNET接続している既存のシステムに変更を加えることなく、音声対応システムを実現できます。
system_config
 

WaveLink Speakeasy 12のポイント

(1) 短期導入を実現。30日以内で音声ソリューションを提供します。 (2) 既存のサーバーアプリケーション変更は不要です。 (3) 低コストでの導入が可能です。音声のための特別なインフラ(音声サーバー、ネットワーク等)は不要です。 (4) 不特定の操作者(声)に対応し、ユーザー固有のトレーニングファイルは不要です。 (5) 音声処理はパソコン/モバイルデバイス上で完結し、ネットワークやサーバーへの負荷はありません。 (6) 既存のモバイルデバイスが利用できます。(Windows OS/スピーカー付きデバイス) (7) 世界37言語対応のグローバルソリューションです。 (8) 音声入力、キー入力、バーコード入力を共存して利用できます。 (9) IBM i、Linux, PCサーバーなどのセッションを保持します。(Connect Pro) (10) エミュレーション画面のUIの改善も、ホスト・コードに触れることなく変更可能です。(Screen Reformatter) (11) 音声の診断ツール。 (12) Wavelink Avalanche対応による簡単なライセンス保守管理。
 

IBM i、Linux, PCサーバーなどのセッションを保持します。

 
ConnectPro_logo
  • Connect Pro(ゲートウェイ) を導入することで、モバイル運用(3G/LTE/WiFi)の通信切断でも代理応答でセッション保持が可能
  • 通信モニター、通信ログ機能によるネットワーク監査(セキュリティ対策)が可能
 

エミュレーション画面のUIの改善も、ホスト・コードに触れることなく変更可能です。

サーバー画面の内容を、クライアントにインストールされたSpeakeasyが瞬時に解析・自動音声変換を行うため、アプリケーション変更も必要なく、業務を問わず簡単に導入することができます。
 

Wavelink Avalanche対応による簡単なライセンス保守管理。

Wavelink、LANDeskのソフトウェア製品ラインは、750万以上のアクティブクライアントライセンスを市場に提供するマルチベンダーのモバイルデバイス管理のリーディングプロバイダです。

Wavelink Speakeasyを構成するコンポーネント



システム構成概要




Wavelink Speakeasy稼働デバイス対応OS

◆Windows 7/8/10
◆Windows CE/Mobile

【Gist社事例紹介】

スターバックスの原料などを取り扱う3PL業態でのGist社でSpeakeasyの導入から運用に至るまでの事例動画です。